ISTERISMO "FOLLIA VERSO L'INTERNO" LP

CW045

★★★★★★★

イントロから震えた。なぜISTERISMOが国内外から人気があるのか?これ聴いちまえば黙ってうなずくしかない。ワンフレーズに詰め込みまくったヴォーカル、彼方で鳴り響くベース、そして覆いかぶさるドラムに支配するギター。最高に喧しいのにそれぞれのパートを活かす音作り。敵わねえわ。音の塊が崩れ落ちそうで落ちないギリギリの状態が、緊張感を生み轟音の地獄に呑みこまれる。あっという間ですわ。あっという間。スピード、音圧、そしてこのノイズに埋もれないヴォーカルがこれまでの音源と比べても格段に進化してるし。飽くなき音への追及がなきゃこんな傑作は生まれないだろう。待った甲斐があったてもんだ。これを褒めず何を褒めるっていうんだ?