SKIZOPHRENIA "UNDEAD MELODIES EP" 7"

SKZ003

★★★★★★★

ウシロダが抜けた穴は相当デカいだろうな、、、って思ったのは俺だけじゃないハズ!代わって入ったカズキックへのプレッシャーはないとは言えないだろうが針落としたら、、、過去イチの音圧じゃん!意図したのか東洋化成マジック???いやいや東洋化成にマジックなんてないだろう(笑)つか東洋化成でプレスしてこんな音表現できるんだ!という実績をつくったハードコアEPじゃないだろうか?ってくらい狙った音が刻まれてるレコード。2ndEPがENTのピールセッションのミックのドラムばりに独走状態だったウシロダ・ドラムに追い付け追い越せから、3rdEPでポンコツ原点回帰だと思ってるんだが、今回のEPはバンドの一体感凄い出てません?基本的なSKZサウンドは全く変わってないんだけど、金太郎飴じゃないんだよな。不思議と。個々の音はいつも通りのスキゾなんだけどバンドの一体感によるスピードがバッチリなんです!なんだろうこの一体感は、、、全4曲イントロからどストレートなRAW SPEED ATTACK PUNKはUKではない北欧。どれも似た曲ばっかじゃん!と思いがちだけど違うんだよな。練らなきゃこんな耳に残る楽曲にはならないか!でも不満があるとすれば金物の音が聞こえねぇぇぇ!うっすらでもハットの刻みがスキゾのスピード感には必要不可欠!と勝手に思ってます。今回のレコーディングで録ったもう2曲をUSツアー用に持って行くようですが、売れ残る事期待してます!そして俺の分1枚よろしくお願いします。